原宿 ブラームスはお好き。

2階のバルコニーは、パリさながら

そう、今回の募集はあのルセーヌ館。

バーとして使われていたカウンター。テラコッタが味わい良し

室内から眺めるテラス席。

テラスは広々として、ブラームスの小径を見下ろす特等席。

テラスから室内を眺める一枚。

ここは来客席や待合室に良いかもしれません。

上質なストーンとテラコッタが主役級

キッチン。コンロはないので飲食店は出来ません

窓からは緑が顔を覗かせます。家具相談可能。

勿論バックバーも。それでは隣の部屋に行きましょう

こちらはヘリンボーンが美しい洋室。

一面鏡の収納があります。

アイアンの装飾が美しい窓はため息物

ここはサロン室や事務所の作業場所かな

このタペストリーは相当な上物です。

トイレも大変可愛らしいデザイン。凝ってます。

エントランス入り口の扉と、小径に繋がる階段。

ここの募集は滅多に出ません。お早めに。

間取り

原宿、パリの小路。ブラームスの小径のあの2階。

常に人で溢れる竹下通りから、一本外れるだけで嘘のような景色が広がっています。
ここはみなさんご存知、ブラームスの小径。

何十年も前、ここにヨーロッパの本物の街並みを作りたいという日本人の方が作った洋館。昔はサロンやコンサートなんかが開かれたんだそう。
今回、この洋館の二階部分が募集となりました。

この二階の広いテラスから階段を眺めると、まるでパリの裏町のような景色が広がっています。
こんな特等席、最高すぎませんか。
お部屋も大変趣向を凝らした造りになっていて、テラスに面したお部屋にはバーカウンターが。
ここで皆さんにお酒を振舞ったりされていたんだそう。
残念ながら今回、飲食店はお断りさせて頂いておりますが、お客様の待合室や応接室、フロントなんかに素敵ですね。
扉を出て、トイレのある廊下を挟んだもう一つのお部屋も同じくらいの広さに洋室です。
こちらは上質なヘリンボーンの床が美しいアンティークなお部屋。
タペストリーといい、家具も文句なしの一級品です。
家具はそのまま譲渡し相談となりますが、サロンや事務所をされるならば鏡やテーブル、ピアノは退かしていただく必要がありそう。
トイレもエントランスもパリからそっくり持ってきたような造りで、溜め息物ですよ。

用途は様々、まずはご相談ください。
この場所の募集とあって、お問い合わせはお早めにどうぞ。

続きを読む