越谷 快適さとは何か。 209号室

このダイニングで家族団欒の時間を過ごしたい。

日が入り明るい空間。

リビング・ダイニング・リビングは一体的な空間に。

リビングからキッチン・ダイニングを見る。

キッチンと連続したダイニング空間。

日当たりもばっちり!

リビング側の壁はコンクリート現しでかっこよく。

リビングまで見通せる見渡しの良いキッチン。

ライティングレールで色々な照明を楽しめそう。

キッチンバックヤード入り口の三角が可愛い。/青い扉がアクセント。

シンプルに可愛い。

もちろん他の部屋もしっかりリノベ済み。

間取り

究極的に求めるのはそれ。

ちょっと哲学っぽいタイトルになっちゃいました。

「快適さ」。

これって「住む」上で、一番大事なことなんじゃないかなと思うんです。
当たり前のことを言いました。

朝起きて。家に帰ってきて。日々過ごす。
その空間が快適な空間だったら最高ですよね!

今回ご紹介する物件は、「快適」な空間を実現するために、空間をRe:デザインしました。

こちらのお部屋。
元々3LDKだったお部屋を2LDKへ。
今のライフスタイルに合わなくなった間取りを使いやすい間取りに変更しています。

LDKに隣接してあった和室を洋室に変更。
それを元々のLDKとつなぎ、広いLDKに。
やっぱり広いリビング空間は最高です!

一見すると分かりにくいのですが、既存の天井を抜いて、天井高を高くすることで、縦方向の空間を広くしています。
そうすることでm2(平面)では感じられないm3(立体)的な広さを感じることができるんです。

それから、床材にオークの無垢床を使い、足元の快適性を向上させています。
足元空間をしっかり作り込むことで快適性にだいぶ差が出てきます。
おしゃれは足元からって言うように、リノベも足元からなんですよね。

それからそれから、照明計画にも実はこだわっています。
ちょっと前のお家ですと、照明はこの場所につけるしかないってことあると思うんです。
もともとのお部屋もそうでした。
今回のリノベでは、全体的に照明の数を増やし、時間を過ごす場所にそれぞれ照明がいきわたるような照明計画にしています。
ライティングレールもあるので、足りない場合は照明を足すことも可能です。
あまり実感はないかもしれませんが、照明って実は快適性にとって大事だったりします。

快適性を追求していくと、こういう細かい部分にもこだわりたくなっちゃうんです。笑

この快適空間、やはり「百聞は一見に如かず」ということで、ぜひ一度ご覧ください!

【ご内覧に関して】
こちらの物件に関しては、ご内覧の日程調整等のご連絡をR-STORE大宮支店(運営:ツバメクリエイツ株式会社(http://tbm-inc.jp/))からさせていただきますので、予めご了承ください。

続きを読む

周辺情報

スーパー(カスミ)まで約500m(徒歩約6分)
コンビニ(ファミリーマート)まで約550m(徒歩約6分)
ドラッグストア(マツキヨ)まで約700m(徒歩約9分)


【住宅ローン返済例】

2,490万円お借入 → 毎月返済額67,708円
(頭金0円、都市銀行、変動金利0.775%(金利優遇1.7%)、35年返済の場合)
+ 修繕積立金10,080円+管理費11,640円
<合計毎月>89,428円