大崎 レトロとモダンの真骨頂 413号室

圧迫感のない1LDK

キッチンは程よく独立

借景の緑を眺めるリビング

こんなリビングが理想だ・・・

モダンすぎなモダンさ

ソファからの眺め

程よく篭れるキッチン

充実のキッチン周り

ベッドルームも明るい

ベッドを置いて、窓際にデスクを置く?

ウォークインクローゼット!

借景の緑を眺める緑のベランダ

洗面台

バスルーム

トイレ

玄関にしっかりめの靴箱あり

つやつやの内廊下

渋いエントランス

赤と白のコントラストが目を引きます

間取り

これぞ!なレトロマンションとこれぞ!なモダンリノベーション

とっても素敵なレトロマンションがありました。
大崎駅からは徒歩5分ほどと至近、五反田駅からも大通りを10分弱と好立地。
赤い外壁のタイルと白のバルコニーとのコントラスト。
いわゆる秀和レジデンスの白青のコントラストとは一線を画すデザイン。
あぁ・・・胸が熱くなる。(無類のレトロ・ヴィンテージ好き)

エントランスや共用部も美しく管理されながらも、レトロ感が隠せない。
ところがお部屋の方はというと、モダンでぱきっとしたリノベーションの内装に仕上がっており、なんともGAPを感じる。
うん、良いGAPですとも。

今や、レトロなマンションだからって、味のあるおばあちゃんやおじいちゃんが住んでいるわけではない。
畳の3DKの間取りのまま住んでいるわけではない。
世代交代で、徐々に若い世代との世代交代が起きていて、内装も生まれ変わっている。
そんな、レトロとモダンの融合をぜひ体感してもらいたいのです。

お部屋は1LDKながら、洋室との区切りが窓になっており不思議と圧迫感はなし。
キッチンも少し離れておりながら、リビングとの行き来のしやすさと篭りやすさの両方を兼ね備えておりかえって実用性があるあたりも◎

窓からは借景の緑。
こんな都心アクセスで、レトロ落ち着くマンションでのモダンな住まい。
唯一無二としか言いようがありません。

続きを読む

周辺情報

スーパー(ライフ)まで約600m(徒歩約8分)
ドラッグストア(くすりの福太郎)まで約350m(徒歩約6分)
コンビニ(セブンイレブン)まで約110m(徒歩約1分)