与野本町 魅せる空間。集う家。 1F

こだわりのキッチンは、ライティングでさらにかっこよく。

二面採光で明るい室内。

リビング部分の天高を高くすることで開放感の感じられる空間に。

バーンオークがライティングで映える。

リビングとワークスペースをゆったりと仕切る。

天井にも無垢材を使い、温かみのある空間に。

白のルーバー戸、好き!

白を基調とした空間に青が映える。

扉にはアンティーク調のサインプレートが。

ワークスペース(裏側は、WIC)には通気窓が。

ブックシェルフの使い方が秀逸。

窓際にはドライフラワーを。

このドアノブも良いよね。

収納力・機能性ともにバッチリです!

収納力もあり機能性にも優れたキッチン。

キッチンには可動棚もあります。

クローゼットはウォークスルー!

2面採光が嬉しい。

間取り

魅力的な空間に人は集まる。

家族のコミュニケーションて大事だなと。
最近、改めて思うわけです。

家にいる時間はなるべく家族と過ごして色々な話をしたり、話さなくても一緒にいる時間を大切にしたり。
そういう時間を共有することが大事なんじゃないかなと。

完全に私ごとで申し訳ありませんが、要は、そういう時間を過ごす空間も大事だってことです!

そんな僕に共感していただける方におすすめな物件のご紹介です!

もともとは、リビングに和室が隣接しているタイプの3LDKの間取りだったこちらのお部屋。
和室をリビングと繋ぎ2LDKにリノベしました。
もともとの和室部分は、天井高を抑えることで落ち着きのあるワークスペースに。
あえて壁で仕切らず(現状はブックシェルフで仕切る)にゆったりリビングと繋ぐことで広がりの感じられる空間に。
お互いそれぞれのことをしながら存在は感じられるような空間です。

それから、現オーナーさんが特にこだわったキッチンも外せないポイントです!
お部屋の中で、存在感のあるキッチンをあえて魅せるデザインに。
室内にほどよくインパクトを与え、それでいて自然なデザインにしたい。そんな思いからキッチンに木材を貼るというデザインになったそうです。
10種類以上の木材のサンプルを取り寄せてもらって、その中から、最終的にバーンオーク(ドイツ産)という材に落ち着いたそうです。
なんというこだわり。。。
さらに言うと、キッチン上にダウンライト(ユニバーサルダウンライト、住宅で使ってるのは珍しい)が付いていて、これは、キッチンをかっこよく魅せる(照らす)ためにあえて付けているのだとか。
妥協しないこだわり。。。

そう言われてみるとこの照明のおかげで、キッチンのオーク材の質感、凹凸がより強調されて存在感増しててかっこいい!

家族みんなが過ごす空間。
そこに魅力がたくさんつまったお部屋。

魅力的な空間が家族を繋ぎ、そこが家族団欒の場となる。

【ご内覧に関して】
こちらの物件の内覧は、R-STORE大宮支店(運営:ツバメクリエイツ株式会社< http://tbm-inc.jp/ >)が行います。
ご内覧の日程調整等のご連絡も上記の会社からさせていただきますので、予めご了承ください。

続きを読む

周辺情報

コンビニ(セブンイレブン)まで約270m(徒歩約3分)
スーパー(生鮮市場)まで約550m(徒歩約7分)
公園(与野公園)まで約750m(徒歩約10分)


【住宅ローン返済例】

2,180万円お借入 → 毎月返済額59,278円
(頭金0円、都市銀行、変動金利2.475%(金利優遇1.7%)、35年返済の場合)
+ 修繕積立金13,920円+管理費14,700円
<合計毎月>87,898円