中野新橋 壁を制し空間を得る 202号室

水回りを挟んだ1DK

奥の部屋。室内干しになります。

手前ダイニング。窓から部屋に入る方式。

キッチンはIH1口

いたって普通の玄関扉

開けるとバルコニー…

お風呂

水回りはぎゅっと真ん中に

ダイニング側から

こっちのバルコニーも使えます(有料)

ペントハウスも使えます(有料)

セミナールームも使えます(有料)

間取り

収納ありません。Pコン穴あります。

まず作りが面白い。
202号室の鍵をあけ「ただいま~」と扉をあけると広々としたバルコニー。
そして窓をガラガラとあけて部屋にはいる。
なので、ちょっとドキドキする入り方になる。
玄関という概念はないのでバルコニーを使って靴を自由に並べる。

部屋は水回りを挟んで真っ二つに分かれています。
1つはリビング、もう一方は寝室としてもいいし、
工夫をすればリビングの方にシングルベッドと小さなテーブルにして
もう一方をとことん趣味の空間にするというのもアリ。

この部屋には収納という収納が一切ありません。
壁にはPコン穴が空いているので、ここをがっつりカスタマイズして
棚やフックを足していく、というひと仕事があります。
あー楽しそう。ところどころ絵や花を足したりして。

4Fにはセミナールーム、5Fにはペントハウス(有料)があるので
仕事や趣味の幅も広がりそう。

間違いなく今までとは一味ちがったライフスタイルが送れるのではないかな
と思います。妄想が止まらない方、お早めに。

続きを読む