逗子 海を見下ろすレトロ平屋

青い海を見下ろす平屋。

海を見るために作られたバルコニー。

ゆったり広々。ハンモックも置けそう。

リビングからの眺め。

多少建物は視界に入るものの、ほぼ海と緑。

リビングの奥から。

キッチン側から。

ゆったり広めのキッチン。

奥の洋室は窓から緑がもりもり。

収納はオープンタイプ。

リビングを挟んで反対側の和室。今はカーペット敷き。

玄関よこの小部屋。こちらもカーペット敷きです。

バスルームの年季感は否めないところ・・。

洗面台も写真より古く感じます。

レトロな窓枠が可愛いトイレ。

この玄関とか照明がいい感じ。

赤いポストが映える白い柵。

ポストの下は結構な階段。

結構な急坂を上がったところに建ってます。

間取り

海はすぐそこ!

【逗子駅から乗換えなし 渋谷まで56分・東京まで59分】
※普通列車での最短時間

一目見た時からピンときました。
これはそうそうないいい家だって。

葉山の御用邸を少し先に進んだ辺り、横須賀市に入ったこの一帯は南葉山なんて呼ばれたりもします。
海の色は青く澄み、晴れたコンディションの良い日はリゾートそのもの。
都内から車で1時間ちょっととは思えない美しさです。

国道から急な坂を上った傾斜地に建つ平屋で、緑に囲まれた小さな階段には可愛らしい赤いポストと白いフェンス。
そして玄関横には、海を眺める広いウッドデッキ。
視界に近隣の建物は入ってきますが、緑と海を眺めるこの場所は最高としかいいようがありません。

建物自体は、1975年築らしく年季の入った箇所がちらほら。
とはいえ気にしなければそのまま使える状態だし、窓のサッシや扉、建具などがいい味をだしていて、レトロな雰囲気がかなり良い。

古さを気にせず、通勤時間も気にならないし、車での生活でも大丈夫という方、最高の物件ここにあります。

※傾斜がきついので、慣れない方は車で上がるのを躊躇するかも知れません。また、車高が低い車は、擦ってしまう可能性があるので、ご注意ください。
※バス停はすぐ目の前で、通勤時間帯は5分と開けずに運行されています。
逗子駅からの最終便は22時46分(2018.6月時点)です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
◼葉山のことをもっと知りたくなったよ、という方はこちら↓
葉山 TOWN NAVI
http://town.r-store.jp/archives/6779
◼『鎌倉・逗子から都内通勤のほんとのところ』が気になる方はこちら↓
http://r-blogs.jp/author/kamakura/4390/

続きを読む