大倉山 くねくね芸術的建築 G号室

共用部中庭から見る、くねくね建築-G-

くねくねの隙間をぬって、玄関へ-G-

室内もこのとおり、曲線ばかり-G-

間取りではここがリビング-G-

リビングの先に専用テラス!花壇スペースがあります-G-

手前がダイニングキッチン、奥がベッドルーム?-G-

ダイニングの大きな窓からは専用テラスが-G-

ザ・シンプルな白いキッチン-G-

水回り。仮設のようなバスタブにはびっくり!バストイレ部分には目隠しカーテンあります-G-

異なる素材の白のコントラストが美しい-G-

レース柄がアクセントの玄関-G-

カクカクした外観から、中のくねくねは想像もつかない

間取り

プリツカー賞受賞の建築家・妹島和世率いる建築事務所SANAAによる設計の集合住宅

※写真はG号室です
OH MY GOD!!
こんなにも曲線を使った住宅は未だ見たことがありません。
住宅の概念をすさまじい勢いでぶちこわす、そんなパワーのある物件ではないでしょうか。

2010年、建築界のノーベル賞と位置づけられるプリツカー賞を受賞された、妹島和世+西沢立衛の建築事務所SANAAの設計。
日本人でのプリツカー賞受賞は、安藤忠雄、槇文彦、丹下健三に続きSANAA!すごいですね・・・
それだけ日本有数の建築家の設計した住宅に住むということ、マイホームならそんなこときっとできないでしょうから、賃貸でこそそんな貴重な経験ができる希少なチャンスです。

それにしても、驚愕のくねくね間取り!!!
どうやって住めば良いのか、正直分からない~!!!(笑)

もうこれは住んでからの試行錯誤でしょうね。
芸術的建築と向き合って暮らす。
新しい暮らし方を探求する。
これまでの慣れ親しんだ暮らしとは決別して、自分なりの暮らし方を見つけてみようじゃありませんか。
きっと新鮮で斬新で面白い暮らしが待っています。

続きを読む